case 04

シリコーンゴム型を用いた量産用成形材料
(熱可塑性樹脂)の実モデル成形

  • 実モデル成形
  • 実モデル成形

熱可塑性樹脂成型品の実験、評価モデル

新技術「光成形」により、製品開発初期の試作段階での最終使用樹脂そのものを用いた成形モデルを迅速かつ安価に製作することが可能です。 また、光成形では製造日数が掛かり高価な金型を必要とすることなく、金型レスでの試作を可能にし、期間短縮、コスト低減を実現します。 試作品での実験・評価から少量生産まで対応します。

工法:光成形
材質:熱可塑性樹脂(PPなど)
リードタイム:約1週間