• その他技術に関するご質問

光造形・真空注型のメリット、デメリットは?

【光造形メリッット】
1. 切削で再現不可となるアンダーカット部、中空形状の複雑形状を一体で再現可能。
2. 納期の短縮。形状が複雑であっても安価で対応可能。
3. 形状が複雑であっても安価で対応可能。

 

【光造形デメリッット】
1. 耐熱温度等が低く、場所によっては割れやすくなる。(ツメ形状や肉薄箇所)
2. 切削と比べると精度が出にくい。
3. 湿度に弱い。

 

【真空注型メリット】
1. 成形材料により近い材料で試作モデルが製作できる。
2. 造形よりも安価に製作可能な場合がある。(個数・形状による)
3. 金型と違い、多少のアンダーカットは無理抜きできる。

 

【真空注型デメリット】
1. 精度が出にくい。
2. 経年変化により黄変してしまう。