従来、熱可塑性樹脂を成形するには、金型を製作する必要があり、3Dプリンターも積層の弱点や材料が限定される課題がありました。しかし、シリコーンゴム型を用いて熱可塑性樹脂の成形することが出来る光成形は高価な金型が不要で、大幅なコストダウンと期間短縮を実現します。試作品から製品まで迅速・低コストで対応します。

  • 光成形の流れ
  • 光成形の流れ

光成形とは

光成形は、シリコーンゴム型を用いて熱可塑性樹脂の実モデルを成形する世界初の新技術です。
量産用成形材料(熱可塑性樹脂)を、微粒子状にしてシリコーン型内に充填し、真空圧縮しながら外部から照射された近赤外線光でシリコーンゴム型を透過して、型内に投入した微粒子状の材料を加熱・溶融して成形します。この工法により、射出成形による実製品と同性能の実モデルを迅速かつ安価に製造することが出来ます。

用途:医療用具・医療機器・自動車・家電・一般産業機器等の試作部品、その他

光成形の流れ

光成形の流れ

光成形の位置づけ

光成形の位置づけ

成形実績材料一覧

樹脂種類 メーカー グレード
ABS テクノポリマー 330L ABS
ABS テクノポリマー 330 ABS ナチュラル
ABS テクノポリマー 430 ABS ナチュラル
GPPS PSジャパン SPG10 透明
PP 日本ポリプロ ノバテックBC6D 黒・ナチュラル
PP 日本ポリプロ ノバテックEC9
HDPE 日本ポリプロ ノバテックHD HJ580N ナチュラル
LLPE 日本ポリプロ ノバテックLL UJ580 ナチュラル
LDPE 日本ポリプロ ノバテックLD LJ803 ナチュラル
POM ポリプラスチックス ジュラコン M90-44 黒・ナチュラル
ABS/GF テクノポリマー 130GF20
PC/GF 三菱エンジニアリングプラスチックス ユーピロン GMS2020DR
PC/ABS 帝人 マルチロン TN-7500
PP プライムポリマー プライムポリプロ J704UG
PP 日本ポリプロ ノバテック BC05B ナチュラル

量産用の成形材料を用いることもできるので、ご希望の樹脂グレードをマイクロペレット化して成形することも可能です。ただし、材料によっては成形不可な材料もありますので、詳しくはお問合せ下さい。

お見積りにあたって

  • ●標準的な納期は最短で1週間です(1部品につき、1~2ヶの場合)
  • ●対応可能な最大寸法はおよそ150mm角です ただし、形状により様々ですので少しオーバーしたものでも一度ご相談下さい。
  • ●光成形による試作をご依頼の際は、3Dデータ・図面・マスター(切削など)のうちいずれかをご用意ください
  • ●光成形のお見積をご依頼される際のポイント ・製作数量を増やして頂くことで、ボリュームディスカウントが可能です。 ・光成形は1モデル×2が、1モデル×1の価格2倍ではありません(1度に多数個の造形をした方が割安になります)。 ・アンダーカットがある場合は、多少金額がUP致します。
  • ●形状・素材などによっては光成形加工ができない場合がございます。 ・アンダーカットがあるもの(形状によります)。 ・筒状の形状。 ・耐熱温度が高い材料の成形(スーパーエンプラなど)。

光成形の参考価格

サイズ 30×30×30mm程度
肉厚 t=2mm程度
材質 ABS(弊社在庫)
表面処理 サポート除去仕上げ

イニシャルコスト 50,000-
製品単価@6,000-

※形状により多少前後します。
※ペレット支給の場合は、別途マイクロペレット化
する費用が発生します。