真空注型とは?

真空注型とは、金型の代わりに光造形や切削加工などで製作したマスターモデルをもとに真空注型ゴム型(シリコーン型)を作製し、真空状態の槽の中で型に注型用ウレタン系樹脂を流し込み樹脂製品を複製する成型加工方法。
真空注型では、真空漕の中で真空状態を作り出し、型に樹脂を流し込むため、型の隅々まで樹脂が行き渡り、気泡ができにくいのが特徴です。非常に短納期で、コストをかけずに高精度の樹脂製品を製作することが出来ます。

  • 二色・インサート注型

  • アンダーカット形状にも対応

  • 樹脂バリエーション、色に対応

  • 光沢・マット仕上げ・シボ処理

サービスカタログをダウンロード

真空注型の特徴

  • 金型作成に比べて、時間は数分の一、費用は数十分の一。
  • 幅広い樹脂バリエーションの中から最適なものを選択可能。
  • シリコーン型は20回程度までなら繰り返し使用可能。多数個生産にも対応。
  • 金属部品のインサートや異なる樹脂の一体製品(二色注型)も対応可能。
  • 金型と違いシリコーン型の為、多少のアンダー形状も無理抜きが可能。
  • マスターモデルの表面処理により、シボ、光沢など様々な表面処理が可能。

使用用途

試作プロセス

  1. 01

    型作成①

    樹脂の流動性と仕上がりを考慮しパーティングラインとゲートを決めます。

  2. 02

    型作成②

    マスターモデルの大きさに合わせ型枠を組み立てます。撹拌して真空脱泡したシリコーンを型枠に流し込み、温度管理された恒温槽で硬化させます。

  3. 03

    型割り

    型枠から硬化した型を取り出し、パーティングラインでカットします。

  4. 04

    シリコーン型の完成

    マスターモデルを取り出し真空注型用シリコーン型の出来上がりです。

  5. 05

    注型①

    真空槽にシリコーン型と樹脂をセットし、真空状態にしたのち主剤と硬化剤を攪拌(かくはん)した樹脂を流し込みます。

  6. 06

    注型②

    温度管理された恒温槽に型を移し樹脂を硬化させます。
    (樹脂によって約60分・120分)

  7. 07

    脱型

    硬化後、シリコーン型より製品を取り出します。

  8. 08

    仕上げ・完成

    最後に、取り出した製品のバリやゲート部分を仕上げて完成です。

樹脂材料一覧

お客様の様々なご要望に応えるために、
幅広い樹脂バリエーションを
用意しております。

品番 グレード 特徴
RU-751 ABSライク ベージュ・黒・乳白 真空注型用に開発されたトータルバランスの良いポリウレタン樹脂。
折れにくく、汎用ABSにより近い物性
RU-652 PPライク 白・黒 PE及びPPの試作を対象に開発された真空注型材料。曲げ弾性率が低く、また伸び率が大きいため、PE/PPの成型品に近い物性
ハイキャスト3751 アクリルライク 透明 無色透明タイプの真空注型材料。透明性に優れている
RU-843 エラストマー
ライク
黒・乳白 真空注型用ウレタンエラストマー。20~90度までの硬度が選択出来る
PX234HT 耐熱 黄土色 高耐熱性に優れた真空注型用材料。なおかつ高耐衝撃性・高弾性に優れている
プリンゲル ゲル ベージュ 人間の肌に限りなく近いゲルを目指して開発された。
超低硬度であっても強度がある反発性がある反面、表面粘着性があるという欠点がある
  • 上記の内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。
  • その他の材料も取り揃えておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

参考価格例

あくまで以下は参考価格例です。
詳しくはお問い合わせください。

128,000

  • マスターモデル代(光造形)+ シリコーン型代 = 約100,000円
  • 注型品代(@約5,600円 × 5個)= 約28,000円
サイズ 150×150×75㎜程度を5個注文した場合
肉厚 t=2㎜程度
材質 ABSライク
表面処理 マット仕上げ

特殊依頼について

真空注型では、真空注型高速便と
小ロット生産の2種類の特殊依頼が可能です。

高速試作品製作

納期 前日16:00までにデータIN・注文書受領後、翌日17:00~18:00に発送準備完了します。
(マスターモデル支給の場合はご相談下さい)
サイズ 150×150×50mm 程度
個数 1部品1ヶ
部品点数 最大5部品

小ロット生産

真空注型の特徴

  • 年間1,000個以内の生産に最適
  • 金型レスによるイニシャルコスト削減
  • 金型の保管問題の解決
  • 生産垂直立ち上げを実現