光成形とは?

光成形は、シリコーンゴム型を用いて熱可塑性樹脂の実モデルを成形する世界初の新技術です。
量産用成形材料(熱可塑性樹脂)を、微粒子状にしてシリコーン型内に充填し、真空圧縮しながら外部から照射された近赤外線光でシリコーンゴム型を透過して、型内に投入した微粒子状の材料を加熱・溶融して成形します。
この工法により、射出成形による実製品と同性能の実モデルを迅速かつ安価に製造することが出来ます。

  • シリコーンゴム型で熱可塑性樹脂を成形

  • 高価な金型が不要

  • 世界初の新技術

  • 大幅なコストダウンと期間短縮

サービスカタログをダウンロード

光成形の特徴

  • シリコーンゴム型を用いて熱可塑性樹脂の実モデルを成形。金型不要。
  • 射出成形による実製品と同性能の実モデルを迅速かつ安価に製造出来る。
  • 使いたい熱可塑性樹脂グレードで成形を可能に。
  • 少量多品種生産にも対応。変種変量や多頻度納品にも適しています。

使用用途

試作プロセス

  1. 01

    シリコーンゴム型
    作成

    光造形によるマスターモデルを用いてシリコーンゴム型を作製します。

  2. 02

    マイクロペレットの予備充填

    シリコーンゴム型の中にマイクロペレット化した熱可塑性樹脂をいれます。

  3. 03

    樹脂の溶融

    型内のみを真空引きし、特定波長光を外部照射して溶融温度まで加熱。型内のペレットを溶融させます。

  4. 04

    冷却

    数分後溶融成形が終了した後に型を冷却します。

  5. 05

    脱型

    硬化後、シリコーン型より製品を取り出します。

  6. 06

    仕上げ・完成

    最後に、取り出した製品のバリなどを仕上げて完成です。)

成形実績材料一覧

樹脂種類 メーカー グレード
ABS テクノポリマー 330L ABS
ABS テクノポリマー テクノポリマー ナチュラル
ABS テクノポリマー 430 ABS ナチュラル
GPPS PSジャパン SPG10 透明
PP 日本ポリプロ ノバテックBC6D 黒・ナチュラル
PP 日本ポリプロ ノバテックEC9
HDPE 日本ポリプロ ノバテックHD HJ580N ナチュラル
LLPE 日本ポリプロ ノバテックLL UJ580 ナチュラル
LDPE 日本ポリプロ ノバテックLD LJ803 ナチュラル
POM ポリプラスチックス ジュラコン M90-44 黒・ナチュラル
ABS/GF テクノポリマー 130GF20
PC/GF 三菱エンジニアリング
プラスチックス
ユーピロン GMS2020DR
PC/ABS 帝人 マルチロン TN-7500
PP プライムポリマー プライムポリプロ J704UG
PP 日本ポリプロ ノバテック BC05B ナチュラル
  • 量産用の成形材料を用いることもできるので、ご希望の樹脂グレードをマイクロペレット化して成形することも可能です。
  • ただし、材料によっては成形不可な材料もありますので、詳しくはお問合せ下さい。

参考価格例

あくまで以下は参考価格例です。
詳しくはお問い合わせください。

イニシャルコスト
30,000円~
製品単価
6,000円~
サイズ 30×30×30mm程度
肉厚 t=2㎜程度
材質 ABS(弊社在庫)
表面処理 マット仕上げ

光成形の位置づけ

光成形の位置づけイメージ図

光成形の位置づけイメージ図

光成形とその他の技術の違い

光成形は高性能モデルや実用試作モデルと言った性能の高い試作に用いられることが多い技術です。真空注型や光造形、3Dプリンターでは、ワーキングモデルや意匠モデルが主たる用途となりますが、試作において性能を求めるならば、光成形がベターな選択です。ただ、大量生産には向いていないため、単体の試作品製作や小ロット生産のみ対応しております。