プロダクトデザイン

Q.

どんなものでもデザインできますか?

A.

プロダクトデザイン全般です。それに伴う、グラフィック等は手掛けます。

Q.

何を用意すればよいのですか?

A.

イメージだけでも結構です。もちろん、ラフスケッチ・ラフモデル・内蔵物といったものをご用意頂けますと、工期短縮・コストダウンにもつながります。

Q.

どういった依頼の仕方をしたらいよいのですか?

A.

メール・お電話でお気軽にご相談ください。関西圏であればデザイナーと訪問することも可能です。

Q.

初回の打合せから、最初のデザイン案提出までの期間はどれくらいですか?

A.

ご発注から、最短で1週間で対応可能です。

Q.

デザインの確定から3Dデータの提出までの期間はどれくらいですか?

A.

意匠データのみであれば、即日で対応可能です。機構設計を含む3Dデータの場合は、早くて1週間、ボリュームがあるものであれば、10日~2週間程度です。

Q.

編集可能な状態の2Dデータを無償・もしくは有償で頂くことは可能ですか?

A.

簡易2D図であれば送付可能です。内容によっては費用が発生致します。

Q.

デザインの修正は何回受付けてくれますか?

A.

内容によりますが、基本的には1~2回程度です。

Q.

デザインだけの依頼でも、具体的な加工方法を見越したデザインをご提案頂けるのですか?

A.

もちろん、実現性のあるデザインをご提案いたします。金額に変更はありません。

光造形

Q.

光造形の材質は何ですか?

A.
エポキシ系紫外線硬化樹脂となり、弊社ではABSライクの黄淡色×1種と透明タイプ×2種の合計3種類を取り揃えております。
Q.

SCR735とTSR829の違いは?

A.
どちらもABS相当ですが、大きな違いは色になります。黄淡色と透明になります。SCR735(黄淡色)は汎用的な光造形の材料で、TSR829(透明)は、耐湿樹脂となり、SCR735に比べると靭性・耐湿性に優れています。
Q.

透明光造形品の透明度は?

A.
光造形の透明度は仕上げレベルによって変わります。積層の磨きやクリア塗装で透明度を上げていきます。透明度が必要な箇所を事前にご連絡頂く事によって、内部を可視化できるレベルまで透明度を上げる事も可能です。事前にお問合せ下さい。
Q.

光造形の最大サイズは?

A.
一体ものでは、黄淡色の造形品は、X/Y/Z 610×610×500(mm)まで製作できます。透明樹脂の場合は、、X/Y/Z 600×600×200(mm)までになります。これ以上大きなものは貼り合わせにて対応可能です。別途お問い合わせ下さい。
Q.

光造形の最小ピッチは?

A.
最小積層ピッチは0.05mmとなります。
Q.

寸法精度は?

A.
150mm角で約±0.1~0.2%程度の精度となります。光造形はZ方向の精度が出にくい傾向にあり、モデルの寸法や形状により異なりますので、担当者にご相談下さい。
Q.

製作できない形はありますか?

A.
0.3mm以下の形状は表現不可ですが、製作不可能な形はほぼありません。中空のモデルも作成可能です。
Q.

造形方向の指定はできますか?

A.

可能です。仕上げ・意匠を考慮しまして、担当者から提案させていただくことも可能です。

Q.

着色は可能ですか?

A.
樹脂自体に着色は不可ですが、塗装による着色は可能です。是非ご相談下さい。
Q.

仕上げ方法は何がありますか?

A.
サポート除去仕上げ、積層除去仕上げがございます。ご要望に応じた仕上げ方法を提案させていただくことも可能です。詳しくは担当者にお問い合わせ下さい。
Q.

表面処理の指定は可能ですか?

A.
表面粗さの数値を狙うことはできかねます。事前に弊社のサンプルをご確認いただく事も可能です。その他ご不明な点は担当者にご相談下さい。
Q.

二次加工は可能ですか?

A.
可能です。タップ・ダイス・リーマ加工・インサートナット挿入など。 その他ご希望がございましたら担当者にご相談下さい。
Q.

見積りの目安は?

A.
基本的には体積ベースで金額が決まりますが、仕上げのグレードによっても金額が変わります。お見積りの際に、担当者にお問い合わせ下さい。
Q.

光造形のコストダウン方法は?

A.
仕上げのグレードを下げる、一度に数量を多くご注文頂く、納期をできる限り頂くとコストダウンの検討がしやすくなります。サイズにもよりますが3ヶ程度から真空注型がお安くなる場合がございます。

真空注型

Q.

注型の材質はどんな物が出来るの?

A.
使用樹脂は真空注型用ポリウレタン系ABSライク、PPライク、エラストマーライク、POMライク、耐熱性樹脂の他に透明樹脂での対応も可能です。
Q.

注型の最大サイズは?

A.

X/Y/Z 500×500×500(mm)まで製作可能です。形状により、多少オーバーしたものでも対応できる場合がございます。 随時ご相談下さい。

Q.

注型の最小サイズは?

A.
形状によりますので、3Dデータを確認した後にご返答致します。
Q.

およその製作日数は?

A.
形状によりますが、約1週間~10日での先行納品を基本としています。
Q.

目安価格はありますか?

A.
形状によりますので、都度見積りとさせて頂いております。
Q.

注型品の耐久性は?

A.
真空注型で使用する樹脂は、経年変化により、黄変する樹脂になります。詳細につきましては、個別にお問合せください。
Q.

シリコーン型の耐久性は?

A.
形状によりますが、シリコーン型1型で約15個~20個製作可能です。
Q.

注型出来ない形状はありますか?

A.
光造形で表現出来ないような微細形状などは、製作前に打ち合せをさせて頂きます。
Q.

何個まで製作可能ですか?

A.
数量制限は特にございません。小ロットでの量産対応はさせて頂きます。シリコン型 1型で20ヶ程度の注型品が製作可能です。仕上げによっては変動してくる場合がございます。都度担当者にお問い合わせ下さい。
Q.

マスター支給での型取りしてもらえますか?

A.
可能です。その際、当社にて下処理(塗装・研磨等)が必要な場合あります。マスター状態を見てご相談させて下さい。
Q.

数個のマスターを一体で注型する事は可能ですか?

A.
可能です。形状確認が必要なため、別途ご相談下さい。
Q.

抜き勾配は必要ですか?

A.
シリコーン型に抜き勾配不要です。
Q.

追加の際、型代は必要ですか?(型保管期限)

A.
シリコーン型の保管期限は3ヶ月です(20ショット以内)。追加時点での型状態にもよりますが3ヶ月以内の追加であれば注型品単価のみで対応可能です。
Q.

材料支給による注型は可能ですか?

A.
持ち込みの樹脂でも積極的にトライさせていただきます。対応不可の場合でも、ご相談は随時承りますのでどんな事でもお気軽にお問合せ下さい。

CTスキャンサービス

Q.

撮影データはどのような形式で出力されますか?

A.

STL出力が可能ですが、STEP、parasolidなど中間ファイルで提出することも可能です。

Q.

装置の時間貸しサービスなどはありますか?(自分で装置を操作することは可能ですか?)

A.

当社では行なっておりません。

Q.

CTスキャンを立会いで観察することは可能ですか?

A.

可能です。お問い合わせ時にご要望をお伝えください。

Q.

出力データをメディアで納品(送付)してもらえますか?

A.

CD-R、USBメモリ、DVD-R、Blu-rayなどのメディアで納品することができます。ご希望であればオンラインストレージでのメール送付も対応可能です。

光成形

Q.

最大成形品サイズは?

A.

W150㎜ × D150㎜ × H150㎜ まで製作可能。

Q.

成形の最小サイズは?

A.

形状によりますので、3Dデータを確認した後にご返答致します。

Q.

およその製作日数は?

A.

形状によりますが、約1週間~10日での先行納品を基本としています。

Q.

シリコーン型の耐久性は?

A.

形状によりますが、シリコーン型1型で約10個程度可能です。

Q.

成形品に着色は可能ですか?

A.

光成形品に着色はできません。

Q.

成形出来ない形状はありますか?

A.

肉厚は5mmを超えると難しくなります。製作前に打ち合せをさせて頂きます。

Q.

光成形の寸法精度を教えて下さい。

A.

寸法精度に関しては、±0.5%程度になります。

Q.

材料支給による成形は可能ですか?

A.

持ち込みの樹脂でも積極的にトライさせていただきます。対応不可の場合でも、ご相談は随時承りますのでどんな事でもお気軽にお問合せ下さい。

表⾯処理・加飾サービス

Q.

発注数量の最小単位はいくらまでですか?

A.
発注数量は1個から対応可能です。
Q.

まだ試作段階の商品なのですが、現物がなくても見積はできますか?

A.
塗装する製品の図面やサイズなどがわかる資料などと塗装の種類をご指定いただければ対応可能です。
Q.

塗装できる最大サイズは?

A.

W 1,000mm × H 1,000mm程度まで塗装可能。その他サイズに関する細かな要件などはご相談ください。

Q.

3Dプリンターの造形品に塗装はできますか?

A.

ご支給頂いた3Dプリンター品に塗装可能です。ご要望があれば、3Dプリンターの積層(縞及び凹凸等)の段差処理(除去)も対応可能です。

Q.

指定の色で塗装はできますか?

A.

色サンプルをご支給または、PANTONEやDICなど色版をご指定頂ければ、近似色で塗料をお作りすることが可能です。
艶目も調整可能ですので、担当までお気軽にご相談下さい。

その他技術に関するご質問

Q.

嵌合部分等は別途指示すれば精度は上げられますか?

A.
嵌合部品の支給にて、嵌合確認・調整致します。
Q.

荒さ記号・平面度・平行度を図面通りに仕上げできますか?

A.
数値的なものに合わせる事は難しいですが、面粗度についてはサンプル支給にて近い仕上げにする事は可能です。
Q.

量産は可能ですか?

A.

年間1,000個程度の小ロット生産に対応しています。詳細は担当者にご相談下さい。

Q.

製作実績(業界等)は?

A.

現在、医療・自動車・産業機械・家電・アミューズメント関係など幅広く多方面からご注文を頂いており、実績もございます。

Q.

光造形・真空注型のメリット、デメリットは?

A.

【光造形メリット】
1. 切削で再現不可となるアンダーカット部、中空形状の複雑形状を一体で再現可能。
2. 納期の短縮。形状が複雑であっても安価で対応可能。
3. 形状が複雑であっても安価で対応可能。

 

【光造形デメリット】
1. 耐熱温度等が低く、場所によっては割れやすくなる。(ツメ形状や肉薄箇所)
2. 切削と比べると精度が出にくい。
3. 湿度に弱い。

 

【真空注型メリット】
1. 成形材料により近い材料で試作モデルが製作できる。
2. 造形よりも安価に製作可能な場合がある。(個数・形状による)
3. 金型と違い、多少のアンダーカットは無理抜きできる。

 

【真空注型デメリット】
1. 精度が出にくい。
2. 経年変化により黄変してしまう。

Q.

注文は1個からでも可能ですか?

A.
可能です。単品・少量でのご注文承っております。
Q.

どの工程からでも対応してもらえますか?

A.
可能です。是非ご相談下さい。
Q.

機密保持の対応は可能ですか?

A.
可能です。指定の書式がない場合は当社にてご用意もいたします。
Q.

個人での依頼は可能ですか?

A.
可能です。お支払い方法や詳細につきましては担当者にご相談下さい。

会社見学会

Q.

どのような服装で参加すればいいですか?

A.

特に決まりはございません。スーツ、作業服、平服などご都合のよい服装でお越し下さい。尚、女性の方はスカートの着用をお控え頂けますと幸いでございます。

Q.

少人数もしくは1人でも参加出来るのでしょうか?

A.

少人数の場合は複数の団体様とご一緒に案内させて頂く場合がございます。あらかじめご了承下さい。

Q.

見学会場に駐車スペースはありますか?

A.

大型観光バス3台の駐車スペースを確保しております。詳細について事前にお問い合わせ下さい。

Q.

参加費用はどのように支払えばいいですか?

A.

銀行振込でお願いいたします。お申し込み頂いた後、弊社担当から振込に関する詳細をメールにてお送りさせて頂きますので、「開催日の2週間前」までにお振込みください。恐れ入りますが、振込手数料は負担いただき、領収書は銀行の振込控えをもって代えさせて頂きます。

Q.

工場内・事務所内の撮影は可能ですか?

A.

誠に恐縮ながら、撮影はお断りさせていただいております。

Q.

申し込み後にキャンセルした場合、キャンセル料金は発生しますか?

A.

お申し込み後にお客様のご都合でキャンセルされる場合、下記の通りキャンセル料金を頂きます。

開催8日以上前のキャンセル…なし
開催2日前~7日前のキャンセル…参加費の50%
開催前日及び当日のキャンセル…参加費の100%(ご返金は致しかねます)
※返金の際の振込手数料はお客様ご負担となります。あらかじめご了承ください。

Q.

見学会の時間をずらすことは可能ですか?

A.

恐れ入りますが開催時間は原則AM9:30〜AM12:00までとさせて頂いております。