もはや注型は『試作』用途だけではない

従来、真空注型は主に試作フェーズで用いられてきましたが、多品種小ロットの時代にマッチした工法として量産・市場投入として活用され始めています。 量産の場合、金型製作にはリードタイムが3~4ヶ月程かかるため、開発リードタイム全体への影響が避けられません。また、金型を活用する現場にとって、多品種化への対応は難しく、品種ごとに金型をそろえなければなりません。加えて、金型を保管するスペースの確保、複雑化するメンテナンス等、多くの課題が出てきます。 しかし、真空注型では金型を作らずに量産が可能なため、金型投資費を抑える効果があり、短期間で市場投入が可能です。
> 真空注型についての詳細はこちら

こんな方におすすめ

  • 販売企画台数が予測できない為、金型投資を減らしたい

  • 金型を作らずに量産したい

  • 商品の立ち上げ時期を早めたい

  • イニシャルコストを掛けずに製品を販売したい

  • テスト販売で市場の反応を確認したい

  • 金型を作る前に販売を行い、リスクを軽減したい

量産品と同等のハイクオリティな注型品

  • 二色・インサート注型

    二色・インサート注型

  • アンダーカット形状にも対応

    アンダーカット形状にも対応

  • 様々な樹脂バリエーション、色に対応

    様々な樹脂バリエーション、色に対応

  • 表面処理は光沢・マット仕上げやシボ処理まで

    表面処理は光沢・マット仕上げやシボ処理まで

肉盗みやアンダーカット処理、抜き勾配も不要。
型更新毎に形状の見直しが可能です。

長年培ってきた注型技術を駆使し、注型での小ロット量産にチャレンジします

弊社では、これまで真空注型による試作品製作を行い、たくさんの製品開発のお手伝いをして参りました。3Dプリンターの普及で注型試作の優位性が見直され、注型での量産が注目されつつある今、この長年培ってきた注型技術を駆使し、金型レスで量産・市場投入品として、今後もお客様のお力になれればと考えております。 小ロットでの量産をお考えの方や小ロット生産でお悩みの方、新製品の開発から市場投入までお考えのお客様はぜひ一度、ご相談ください。